予防歯科

歯を守るために、痛くなる前に歯医者へ

現在の歯科医療は「治す」ことより「守る」という、予防歯科の考えが主流となっています。
スウェーデンが世界で一番歯科疾患が少ないと言われているのも、
虫歯や歯周病などになる前に歯科医院へ通い、未然に防いでいることがその一番の理由です。
歯は一度削ると二度と元に戻りません。
治療のために歯を削って被せ物や詰め物をしても、それを永久的に使い続けることはできません。
つまり、天然の歯に勝るものは無いということです。
そもそも虫歯や歯周病にならなければ、歯を治す、削る必要はありませんよね。
「歯医者は痛くなったら行くところ」その考え方は、ぜひ見直すべきです。

いつまでも自分の歯で健康に過ごすために

いつまでも自分の歯で健康に過ごすために
「歯を失う」のは、虫歯や歯周病などの病気が原因であり、誰にでも起こる老化現象ではありません。つまり、病気を予防すれば歯を失うこともないということです。
スウェーデンでは、80歳になった時にほとんどの人が若い時とあまり変わらない歯の本数を維持しています。これは、国の歯科医療の方針として「予防歯科」の考えを採用し、子どもの時から歯の健診が当たり前、歯の健康づくりが生活習慣として定着している、ということが大きく影響しています。

*

「予防歯科に取り組んでいる人の割合」「80歳の残存歯数」予防先進国と日本の差は歴然!

より効果的な予防を実践するために

「セルフケア」と「プロフェッショナルケア」で
むし歯や歯周病を徹底的に予防しましょう
皆様自身がご自宅にて行う「セルフケア」と、歯科医院で行う「プロフェッショナルケア」を合わせて予防歯科と言います。
どちらか一つを行っていればいい、というわけではありません。
ご自宅と歯科医院でのケアの両方を行うことで、大切な歯を守り続けることができるのです。

*

ご自宅で行うセルフケア
歯磨き
自分では毎日しっかりと磨けているつもりでも、実際には磨き残しがあることが多いです。
歯科医院での指導を受け、自分に合った歯ブラシで正しい歯みがきを行いましょう。
ポイント

歯ブラシは1ヶ月に1本交換するのが目安です。
毛先が開いてしまった歯ブラシは、歯にきちんと当たらず、
汚れを除去しにくくなります。

*

  • フッ素含有歯磨き剤
    フッ素は歯質を強化したり、むし歯の発生と進行を防ぐ働きを持っています。フッ素を含む歯みがき剤を使用し、毎日の歯みがきをより効果的なものにしましょう。

    *

  • デンタルフロス
    歯ブラシでは届きにくい、歯と歯の小さな隙間まできれいにするため、通常の歯みがきの後にはデンタルフロスや歯間ブラシを使いましょう。

    *

  • デンタルリンス
    就寝中はだ液の分泌が減り、細菌が繁殖しやすくなります。
    それを防ぐために、就寝前または歯みがきの仕上げとして、すみずみまで殺菌します。

    *

*

歯科医院で行うプロケア
PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

専門の器具を使用して行われる、プロによる歯のクリーニングです。
磨き残しや、歯ブラシでは磨けない歯と歯茎の隙間まで、プロの技術で徹底的にお口の中をきれいにします。
また、PMTC後はフッ素の効果によって歯に汚れがつきにくくなるため、予防効果も高まります。
汚れを落とすことで歯本来の白さも戻り、エステを受けている感覚でむし歯や歯周病の予防もできる、一石二鳥の方法です。
痛みも全くなく、お口の中がスッキリ気持ちよくなります。

*

PMTCの流れ
  • *

    染め出し液で歯垢の
    状況をチェック

  • *
  • *

    フッ化物入り
    ペーストを塗布

  • *
  • *

    歯間や歯面を
    クリーニング

  • *
  • *

    歯の表面をツルツルに
    仕上げ磨き

  • *
  • *

    フッ素塗布で
    歯質を強化

歯みがき指導

ご自宅でのセルフケアを正しく行えるように、一人ひとりに合った歯みがきの仕方、歯ブラシの選び方を丁寧にお教えします。

*

スケーリング(歯石取り)

歯周病の原因となる細菌が含まれる歯石は、歯みがきでは絶対に除去できません。専用の器具を使って、歯石を徹底的に除去します。

*

その他、フッ素塗布やシーラント填塞など

*

守りたい

  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • マタニティ歯科

治したい

  • 歯周病治療
  • 義歯(入れ歯)
  • 虫歯治療
  • 口腔外科

キレイにしたい

  • 審美歯科
  • ホワイトニング
ページの先頭へ戻る